空時計

作詞:SAYURI 作曲:大平 勉 編曲:大平 勉

窓の外の星を眺めて
ふと君のことを考えてた
気付けば もう
こんなに早く
季節が過ぎていたんだね

今も変わらないこの想いを
手紙にしたなら。。。
伝わるのかな

“ありふれた言葉かもしれない。
だけどね
これが僕の気持ちだから。
上手く言えないけど
シアワセ。
いつも君がいれば”

例えばもし
僕がこの空
自由に翔ぶことできるならば
今すぐでも
泣いてる君の元へ行くことできるのに

ねぇ
一人じゃない
いつだって傍にいるからね
わかってるかな?

さみしがり屋だけど
強がりな君だから
いつものように笑うけど
本当は心がイタイと
僕は知ってるんだ

君が抱えてる哀しみを
僕はどれだけ拭えるかな
目には見えないその傷跡が
いつの日か
消えるようにと願うよ

それでもね
また明日という日は
何も知らず朝を連れてくるから
無理に笑おうとなんてしないで
君は君のままで

“ありふれた言葉かもしれない。
だけどね
これが僕の気持ちだから。
上手く言えないけど
シアワセ。”

いつも君といれば