囚われのBabel

作詞:松井五郎 作曲・編曲:藤田淳平(Elements Garden)

閉ざされた現実に走る稻妻
誰もが零れて堕ちる砂

神様が差し出したてのひらを
逃げられない遺伝子

完全 過ぎるほど 絶対 嘘が在る 心の形

茨の矢を向けた空は
永遠に的のない深い輪廻の闇

囚われの声は僕に聞こえているよ
どんなときも君をあきらめないから
運命に赦しまで乞うなんて
だめ だめ だめ 終わりじゃない

奪われた言葉より胸の共鳴-ひびき-を
僕らは合図にできるはず

愛がただ呪文とは違うこと
まちがいなく知ってる

限界 決めるのは 条件 なんかじゃない
問われる未来

孤独-さみしさ-から生まれながら
悪意の舌で誘う別の自分の影

放たれる声を僕は信じているよ
どんな壁もいつか打ち砕けるから
渇かない魂が疼くなら
なぜ なぜ なぜ うつむいてる

約束の明日へ 救われる時へ
きっと きっとはじまりはここに

あたたかい声を僕は抱きしめてるよ
どこにいても君は心にいるから

囚われの声は僕に聴こえているよ
どんなときも君をあきらめないから
運命に赦しまで乞うなんて
だめ だめ だめ 終わりじゃない
だめ だめ だめ 終わりじゃない