天空のカナリア

作詞:Hibiki 作曲:加藤裕介 編曲:加藤裕介

荒れ果てた大地に 咲いてしまった花よ
どうして君はそんなに…?

その小さな指の 暖かさは愛のフレイム
風が吹くほど 燃えようと揺らぐの…

蒼の共鳴 巡る生命-いのち-は 儚き光
(feel my heart)
遥か君の願いし奇跡を 叶えたい

そして僕らは歴史-うた-に変わる 幾千の星のように
泣いて哭いて叫ぶほどに 足掻き行-ゆ-けばいい
たとえ涙が明日の地図を 濡らして見えなくなっても
虹を見上げる悲しき金糸雀-カナリア- もう飛べばいいんだ…

笑顔で毟るたね 何故か遠きにふわり
耳を賭した声 優しき…

少女は泡沫-うたかた-へ… 少年は終-つい-の火を…
二人の音色 あまりに切なくて

「次の世界で出会うその日はキスをしようね」
(missing love)
温もりだけは灰になっても 譲らない

だから決意は強き翼 運命なんていらない
越えて超えて無限を裂き 心より生きろ
たぶん僕らは伝説より 確かな今にいたんだ
美しき籠の中の金糸雀-カナリア- 高く高く消えた…

そして僕らは物語-うた-に代わる 幾千の星のように
抱きしめても 戻らぬ恋 枯れ散る花びら
一億の刻-とき- 輪廻したら 今度は丘に咲こうね…
もう二度と還ってこない金糸雀-カナリア- 最後に微笑んだ…