METRO BAROQUE

私を呼ぶのは誰…?
粋狂に踊る熱に浮かされたこの世界で
宝石のような嘘 身につけ誘う
甘く淫らな眼差しが絡みつく

アラガエナイ…
運命の欠片繋ぎ合わせ疼く本能

深紅の月暈が照らしだす真実に
脆く崩れ去る虚言-ユメ-を闇へと突き立てる
教えて…永遠のその先があるなら
何もいらない
道標は貴方だけ

貴方を呼ぶのは誰…?
姿のない罪に囚われてさ迷う独り
瞬きも出来ないほど注がれる愛に
戸惑いながら溺れてしまいそう

ココニイルヨ…
凍てついた時を溶かす それは、囁きの回廊

舞い散る銀の花 幽黙に美しく
咽ぶ声なき声が心を掻き毟る
答えて…壊れない情実があるなら
夜を飛び越え 今、会いに行く

眩い願いは そう…いつも閉じ込めて
満たされぬ隙間傷付け埋める
果てのない光に焦がれてた
不安がまた安らぎ求め 先回り繰り返す

深紅に染まる月 哀しみを切り裂いて
脆く崩れ去る幻-ユメ-は決意に変わる
教えて…永遠のその先があるなら
何もいらない
道標は貴方だけ 嗚呼…